あけましておめでとうございます。久しぶりの更新です。今日は、最近話題の遠隔操作について、話しますね。
遠隔操作はもともと、OSがWindowsの方は、だれでも簡単にできます。なぜなら初めから遠隔操作のソフトがついているからね。リモートアシスタントといわれるものです。そもそも、遠隔操作というのは、人を助けてあげるためにあるものなのです。最近悪い人たちが、それに目をつけて遠隔操作で、掲示板に書き込むというのを聞きますよね。あの人たちは、ウイルスといわれる、プログラムを自分たちで作成しているのです。それを、ファイルをダウンロードするときにファイルに入れて、解凍すると感染するということです。何も変なソフトをダウンロードしなければそんな心配ありません。たとえば、ゲームのROMなどです。あの辺は一番怪しいですね。ほかにも使用期限のある体験版ソフトで、シュアウェア版の機能を使えるようなソフトならcrackするソフトなど大変するい物もあるのです。そのようなものをダウンロードしなければ、全然問題ありません。セキュリティー会社が儲けるだけです。

では、本題です。Windowsの開発会社Microsoftは、もともと遠隔操作のソフトを提供しています。これについてみなさんはどうおもいますか?

やり方 Windows遠隔操作の説明HP