ps2.png

2014年9月9日に公式が開発近況を更新していました。

遅い情報ですがあしからず。

そもそもPCSX2というのは、PC上でPS2を仮想環境で動作させるという行為を可能にさせることができます。

そろそろ開発完了してもいいのではないでしょうかね・・・
【内容】以下英文を要約、翻訳サイトで英訳したものを、管理人の糞みたいな日本語能力できれいにしたもの。

PCSX2は、新たな貢献者の助けで再び開始しました。いくつかの重要な改善が最後の発表以来行われてきた。

これらの改善の中で最も重要なのは間違いなく新しいデバッガです。

この新しいデバッガは簡単にゲームの問題点を見つけることができます。

NHLシリーズの作業を取得するために管理して!ライブ命令アセンブラ、スレッドビュー、フルレジスタビュー、関数リストなどを備え、この改善されたデバッガは私たちの開発者にとって朗報となります。

歓迎注目されている別の領域は、64ビット互換に向けた作品です。

私たちは64ビットのビルドをリリースする前に多くの作業を行う必要がまだありますが、基礎があります。

GSdxは今のx64用にコンパイルし、いくつかの変更は、同様にx64をサポートするためにPCSX2コアに行われました。

これらの変更は、64ビットのジャンプのために、エミッタの準備のx64上で動作するようにVTLBを更新し、かつ普遍的であるために32ビットのインスタンスにのみコードを変更することがあります。

これらの改善は、真の64ビットビルドを有することに近い私たちを移動するのに役立ちます。

Linuxの事項も同様に改善している。新しい貢献者の多くは、ここに常に長期的には一般的な移植性を支援する代わりに、Windowsと改善のOSを使用しています。

最後に、いくつかの重要な変更は、プラグインのいくつかに行われました。

一般的なバグの修正の上に、CDVDgigaherzは現在、常に低速で回転する代わりにダウンドライブスピンのすべての方法をさせるディスクを維持しようとします。ドライブは常にデータを提供する準備ができているので、物理的なディスクを使用する場合に、ゲームのパフォーマンスを向上させる。

Lilypadも今XINPUTデバイスのホットプラグ機能をサポートしています。再起動を必要とせずに、接続されるとPCSX2は認識して起動する前に、あなたのXINPUTデバイスを接続する。

ここで最も重要な変更の要約は以下のとおりです。

64ビット関連:

U32の変更インスタンスがuptrする
64ビットのジャンプのために準備エミッター
64ビット対応製yuv2rgbとハッシュマップの機能
VTLBは現在、x64で上で動作
cpudetectでx86_64版にMXCSRをつかんでサポートされている
GSdxは今のx64用にコンパイルされます
VIF:固定「ルーニー·テューンズ:バック·イン·アクション」

改善されたデバッガ:

ゲームをはるかに簡単にデバッグが可能
すでに作業「NHL」のゲームを取得するために使用
ライブアセンブラ(例えば、命令をマークし、タイプが「NOP」「NOP」と、その命令を交換する)を備えています
プラグイン:

CDVDgigaherzためのバグ修正
CDVDgigaherzは現在、ディスクから再生するときのパフォーマンスが向上しダウンすべての方法をスピンからドライブを防ぐ
LilypadはXINPUTデバイスのホットプラグ機能をサポートしています
コードのクリーンアップ:

変更されたint型は0/1を保持する変数のためにboolにする
潜在的なクラッシュしたの修正
潜在的な変数リークの修正
WX3の準備(今のところはまだカスタム2.8を使用してください)
削除されたVsyncを管理する
Windowsの/ Linux用のフォルダ名の修正
名前空間の改善された使用
ELFパーサの修正
代わりにカスタム1の一般的なのmemcpyを使い始めた(これは実際には小さなスピードアップをもたらす!)
その他: