現ナマ速報!!(ナマ速)

お金になる情報や、FX、株、金融に関する情報や管理人のトレード履歴などをまとめて、一挙公開をしていくサイトです!! 管理人は、株やFXは初心者なので、教えていただけると非常にありがたいです。

    カテゴリ: 未分類

    1:リサとギャスパール ★:2016/06/21(火) 19:38:42.51 ID:CAP_USER9.net
    トヨタ自動車グループで人工知能(AI)の研究開発を手がける米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)の
    ギル・プラット最高経営責任者(CEO)が20日、名古屋市内でフジサンケイビジネスアイなどの取材に応じた。
    プラット氏は、AIが運転手を手助けして事故を防ぐ安全技術を3年以内に実現させ、AIを使った高齢者向けの家庭用介護ロボットも、15年以内に実用化させたい考えも示した。

     取材の中で、プラット氏はAIを使った自動運転について、現在2通りの方式の開発を進めていることを明らかにした。
    1つ目が運転手が事故を起こしそうになった際にAIが運転操作を引き継ぐ「守護天使」。
    プラット氏は、この仕組みについて「2~3年以内に実現したい」と述べた。

     2つ目が、高齢者や身障者など運転が難しい人らに代わりAIが運転する「お抱え運転手」と呼ばれるほぼ完全な自動運転方式だ。
    ただ、プラット氏は、この方式の実現には「より高い信頼性が必要となるため、もっと研究が必要になる」と述べ、実用化には時間がかかるとの認識を示した。

    一方、プラット氏は、AIの自動運転以外の応用領域として家庭用ロボットが有力だと指摘した。
    高齢化が進む日本を中心に「今後10~15年で介護などの需要が高まる」として、商用化を急ぐ考えを示した。

     一方、トヨタが強みを持つ自動車生産へのAIの活用については「現在、調査、研究対象だ」とし、
    導入に向けた検討を進めていることを明らかにした。

     トヨタは今年からの5年間で、TRIに対し、約10億ドル(約1050億円)を投じる計画。
    プラット氏はこの資金の大部分を社内の研究開発費に充てる考えを示したが、
    他社の買収費用などに充てる可能性については「手段として検討していく」と述べるにとどめた。

     プラット氏は米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)の出身。
    トヨタのAI研究態勢強化に向けてスカウトされ、1月に設立されたTRIのCEOに就いた。
    プラット氏がCEO就任後、国内で報道陣の取材に応じるのは初めて。

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/160621/bsa1606210500001-n1.htm
    (2016.6.21 06:56)

    【トヨタ、3年以内に「守護天使」開発 事故防止AIなど実現へ】の続きを読む

    1:曙光 ★:2016/06/20(月) 09:50:33.69 ID:CAP_USER9.net
    スマホと言えばアップルの名が必ず挙がるが、2016年はアジアの企業、特に中国のメーカーが躍進している。

    調査会社のガートナーとICインサイツがそれぞれ、2016年第1四半期のスマホ売上データを発表した。ICインサイツによると、世界のスマホメーカートップ12社のうち11社がアジアの企業だ。

    ガートナーの調査によると、2016年第1四半期のスマホの販売台数は3億4,900万台で、前年同期比3.9%増だった。いずれの調査でもトップはサムスンで、販売台数はICインサイツによると8,150万台、ガートナーによると8,110万台(全体の23.2%のシェア)だ。

    レノボやシャオミは減速、Oppoが急伸

    2位はアップルで、販売台数はICインサイツによると5,160万台、ガートナーによると6,000万台だった。ICインサイツのランキングで12位までに入った中国のスマホメーカーは合計8社で、販売台数を合計すると1億1,100万台だった。

    3位から7位はファーウェイ(華為技術)、Oppo(広東欧珀移動通信)、シャオミ(小米科技)、Vivo(維沃移動通信)と中国のメーカーが独占している。他にランクインしたのはZTE(中興通訊)、レノボ、TCL集団、Meizu(魅族科技)だ。

    中国のスマホブランドはここ数年、デザインとコストパフォーマンスの良さで本国だけでなく世界的に人気が高まっている。アップルやサムスンなど老舗スマホメーカーの顧客が高価格帯のスマホでも購入する層であるのに対し、中国ブランドは低価格帯のスマホを好む層や新興市場をターゲットにしてシェアを伸ばしている。

    現在中国では400社以上のスマホメーカーがあり、マーケットは飽和状態だ。未だかつてないほど世界的にシェアを伸ばしているにもかかわらず、本国では厳しい戦いを強いられている。

    レノボやシャオミなど中国メーカーの中でも名の知れたブランドの売り上げは落ち込んでいる。その一方、目を見張る伸びを見せたのは比較的新しいOppoだ。ガートナーによると同社は中国でレノボやサムスンからシェアを奪い、2016年第1四半期の売上は前年同期比145%増だった。

    編集=上田裕資

    http://forbesjapan.com/articles/detail/12558

    【世界スマホ市場、メーカー別売上ランキングで中国企業が上位を独占】の続きを読む

    1:オムコシ ★:2016/06/18(土) 16:37:29.58 ID:CAP_USER.net
    サイゾー 6月18日 15時0分配信

    人気マンガの実写化映画がヒットを続けている昨今。例えば2016年でも『四月は君の嘘』『溺れるナイフ』などの恋愛・青春ものから『鋼の錬金術師』のように実写化不可能と思われていたものまで、公開予定。このままいけば、そのうち『機動戦士ガンダム』も実写化されるかも!?

     大ヒットマンガ作品の実写化が止まらない。5月末にかねてから噂のあった『鋼の錬金術師』の実写化映画の公開が発表され、原作ファンの間に衝撃が走った。

     ファンタジーな世界観の作品はマンガだからこそできる表現があり、実写化となるとキャスティングを含めて批判の声が噴出しやすい。一方で、映画業界やテレビドラマの製作側としては、売り上げ実績のあるコンテンツは会社の上層部への説得がしやすく、企画としても挙がることが多い。

    「ただ、実際にキャスティングなど水面下で動いても、原作者側やスポンサー、芸能事務所などのしがらみが多く、製作までこぎつけられる案件はなかなかない。実写化の噂がネットなどで漏れても、途中で立ち消えになってしまうことも多いんです」(大手出版者社員)

     さてそんな中で、実写化すると言われ続けてきたのが、マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズだ。1987年に「週刊少年ジャンプ」(共に集英社)で連載スタートした同シリーズは、単行本の売り上げ累計が7000万部を突破する人気シリーズ。ジョースター家と宿敵・ディオをめぐる、数世代にわたる戦いを描いた群像劇だ。パート1から始まり、現在はパート8である「ジョジョリオン」(集英社「ウルトラジャンプ」掲載)が連載中。8部といくつかの外伝が発表されており、各部ごとに、アニメ化やゲーム化、小説化、そして展覧会など多方面にメディアミックスが展開されてきた。そのほか、雑誌やテレビ番組でも「特集を組めば売れる」と言われている。
     当然、これほどの人気作品であれば各社が実写版の製作に名乗りを上げてきたが、なかなか実現には至っていない。

     例えば2011年には「週刊文春」(文藝春秋)に、“アニメと実写化が決定”という情報が掲載。その後、ネットメディアなどが続報を報じた。実際、アニメは予定通り放映されたが、実写版の主演には「超人気アイドルがキャスティングされている」とまで記事に載ったが、結局実現に至っていない。

    「ジョジョの物語の舞台となるのはほとんどが海外。また、3部のはじめや4部、連載中の8部のように日本国内が舞台であっても、まるで海外のように描かれている。そもそも作品自体が、荒木飛呂彦による独特なタッチの、かなり強烈な個性を持った作品です。あの世界観を実写化でつくり上げるのは相当困難でしょうね。実写化には原作者の許可がいりますが、荒木氏サイドもなかなかOKを出してきませんでした。最近では、1~3部までは荒木氏サイドからの許可が下りているという話でしたが、結局折り合いがつかず実現していません。そうした話が常に錯綜しているので、集英社の宣伝部もぼやいているそうです」(映画やゲーム業界で活躍するライター)

     このように噂になっては消えてきた話なのだが、ついに事態が動き出したようだ。

    「ジョジョの実写化はワーナー・ブラザーズの製作で、今年9月から撮影開始予定となっています。ワーナーはこれまで『るろうに剣心』や『デスノート』など、マンガ原作の実写化映画をコンスタントに手がけてきていて、来年公開予定と話題になった『ハガレン』も同社製作です。当たり外れもありますが、まさかと思われる作品の興行収入でも、概ね成績を残してきた実績があります」(芸能プロ幹部)

     今回、キャストに関しては、最近実写化映画に出演しまくっている山崎賢人【1】が主演に起用されている。

    「ただし、噂のあった3部ではなく、日本が舞台の4部になるそう。山崎が主人公の東方杖助で、彼らが追う敵役・吉良吉影に山田孝之をキャスティング。そのほか、数少ない女性キャラである山岸由花子に小松菜奈が決まっているそうです」(ドラマプロデューサー)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160618-00010000-cyzoz-ent

    *続く

    【またかよwwwジョジョの第四期が実写化されるってよwwww】の続きを読む

    1:オムコシ ★:2016/06/17(金) 11:23:45.61 ID:CAP_USER.net
    2016年春アニメも終盤戦を迎えましたが、皆さんはお気に入りのキャラはできましたか?
    今回は、春アニメから筆者の個人的「可愛いキャラクタートップ10」を紹介したいと思います。
    個人的なランキングのため作品に偏りがあるのでもちろん異論は認める!!
    ぜひ「このキャラも可愛いぜ!」を熱く語ってください!

    また「2016年春アニメ、ナンバー1ヒロイン」も決めたいとおもいますので、ぜひ皆さんのお気に入りのキャラも教えて下さい!

    ◆1位:小田切双葉

    90f634e3.jpg


    CV:金澤まい

    聞けば聞くほどクセになっていく声。
    元気いっぱいの性格に動きが豊富で可愛い双葉ちゃんが個人的ヒロイン1位です。
    お料理もちゃんとできるのもポイント高いですよねー

    ◆2位:西崎芽依

    835a6288.jpg


    CV:種﨑敦美

    撃て撃て魂を胸に戦う水雷長。
    この子も元気があって見ていて可愛いキャラクターです。
    もっとタマちゃんとキャッキャウフフしてほしかった。

    ◆3位:ルル子

    7a58263c.jpg


    CV:M・A・O

    とにかくポジティブに恋に仕事に頑張る普通の女の子。
    表情豊かな所が好きです。「でも続く!」トップ10には入っていませんがミドリちゃんもいいキャラですよね。

    ◆4位:内田まゆみ

    cec18856.jpg


    CV:宮島えみ

    「ハイスクール・フリート」に登場する航海科のメンバー
    メインキャラクターではないのですが間違いなくスタッフに愛されている子。

    褐色最高ですよ。

    ◆5位:木幡真琴

    8b857e4c.jpg


    CV:篠田みなみ

    黒タイツって最高だと思います。

    ◆6位:雨宿まち

    2e824537.jpg


    CV:日岡なつみ

    どんどんと都会に恐怖を抱いていく姿とすぐに調子に乗るところだったり表情豊かで可愛いです。
    ナツの回想に出てくるようじょまちちゃんも破壊力高いです

    ◆7位:無名



    CV:千本木彩花

    無名ちゃんと言えば「腋」が注目されますが、私は「ジト目」にキュンときてしまいました。
    ちなみに年齢は12歳なのでまちちゃんよりも歳下なのですが発育の差がでていますね。

    ◆8位:万里小路楓さん

    52a84319.jpg


    CV:中村桜

    「魚雷2本いらっしゃいました」「ああら。おゆるしあそばせ。起きておりますわ」と超お嬢様な可愛いお方メインキャラクターではございませんが、メインキャラより見せ場があるお方えございますわ

    1話から徐々に上達されるラッパの音を聴いてくださいませ。

    ◆9位:宮野

    ebb05025.jpg


    CV:高森奈津美

    ちっちゃい頑張りやさん癒される存在です。

    ◆10位:秋山 奈々子/セッテ

    d064a6ba.jpg


    CV:大和田仁美

    秋山 奈々子も好きですが、セッテちゃんの姿が好きです。三者三葉の近藤さんといい「空気の読めないキャラ」なのに憎めない可愛さがあります。

    かなり偏った選出になってしまいましたが、以上個人的2016年春アニメに登場した可愛いキャラクターTOP10でした。
    ぜひみなさまの可愛いキャラクターはいましたかも教えて下さい!

    http://cupo.cc/topics/7818

    【異論は認める!2016年春アニメ「可愛いキャラクタートップ10」】の続きを読む

    1:ティータイム ★:2016/06/16(木) 15:11:13.20 ID:CAP_USER9.net
    NHKニュース 6月16日 15時09分

    6年前、宮城県石巻市で男女3人を刃物で刺し、2人を殺害した罪に問われた当時18歳の元少年に対し、最高裁判所は上告を退ける判決を言い渡し、死刑が確定することになりました。

    平成22年2月、宮城県石巻市で、当時18歳だった千葉祐太郎被告(24)が、交際相手だった女性の実家に押し入り、20歳の姉と18歳の友人を刃物で刺して殺害し、
    その場にいた男性にも大けがを負わせたうえ、女性を車で連れ去ったとして、殺人などの罪に問われました。
    1審の仙台地方裁判所と2審の仙台高等裁判所はいずれも死刑を言い渡し、弁護側が「事件当時は未熟で、更生の可能性がある」として上告していました。
    最高裁判所第1小法廷の大谷直人裁判長は上告を退ける判決を言い渡し、死刑が確定することになりました。裁判員が審理した少年事件で死刑が確定するのは初めてです。

    NHKは少年事件について、立ち直りを重視する少年法の趣旨に沿って原則、匿名で報道しています。
    今回の事件が女性2人の命を奪い、もう1人に大けがをさせた凶悪で重大な犯罪で社会の関心が高いことや、判決で元少年の死刑が確定することになり、
    社会復帰して更生する可能性が事実上なくなったと考えられることなどから、実名で報道しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160616/k10010558561000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    【【社会】石巻3人殺傷事件 元少年の死刑確定へ】の続きを読む

    このページのトップヘ