現ナマ速報!!(ナマ速)

お金になる情報や、FX、株、金融に関する情報や管理人のトレード履歴などをまとめて、一挙公開をしていくサイトです!! 管理人は、株やFXは初心者なので、教えていただけると非常にありがたいです。

    カテゴリ: ニュース

    1:DQN ★:2016/09/09(金) 19:58:54.52 ID:CAP_USER9.net
    報道陣をにらむような視線を向ける高畑祐太さん=9日、前橋警察署



     前橋市内のビジネスホテルの客室で女性従業員に乱暴したとして、強姦致傷の疑いで逮捕され、9日に不起訴処分となり釈放された俳優、高畑裕太さん(22)の弁護人は同日、「高畑裕太さんの方では(性行為に)合意があるものと思っていた可能性が高い」などとするコメントを発表した。

     また、高畑さんは「心身ともに不調を来している」として、「しばらくの間、入院する」という。

     弁護人のコメント全文は以下の通り。

         


     高畑裕太さん事件についての弁護人の説明

     今回、高畑裕太さんが不起訴・釈放となりました。

     これには、被害者とされた女性との示談成立が考慮されたことは事実と思います。しかし、ご存じのとおり、強姦致傷罪は被害者の告訴がなくても起訴できる重大犯罪であり、悪質性が低いとか、犯罪の成立が疑わしいなどの事情がない限り、起訴は免れません。お金を払えば勘弁してもらえるなどという簡単なものではありません。

     一般論として、当初は、合意のもとに性行為が始まっても、強姦になる場合があります。すなわち、途中で、女性の方が拒否した場合に、その後の態様によっては強姦罪になる場合もあります。

     このような場合には、男性の方に、女性の拒否の意思が伝わったかどうかという問題があります。伝わっていなければ、故意がないので犯罪にはなりません。もっとも、このようなタイプではなく、当初から、脅迫や暴力を用いて女性が抵抗できない状態にして、無理矢理性行為を行うタイプの事件があり、これは明らかに強姦罪が成立します。違法性の顕著な悪質な強姦罪と言えます。

     私どもは、高畑裕太さんの話は繰り返し聞いていますが、他の関係者の話を聞くことはできませんでしたので、事実関係を解明することはできておりません。

     しかしながら、知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く、少なくとも、逮捕時報道にあるような、電話で「部屋に歯ブラシを持ってきて」と呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えております。つまり、先ほど述べたような、違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件であります。以上のこともあり、不起訴という結論に至ったと考えております。

     平成28年9月9日
    産経新聞:http://www.sankei.com/entertainments/news/160909/ent1609090024-n1.html

    【【高畑裕太氏釈放】「高畑さんは合意があるものと思っていた可能性が高い」「裁判になっていれば無罪主張をしたと思わ…」弁護人発表】の続きを読む

    1:野良ハムスター ★:2016/09/01(木) 09:47:05.18 ID:CAP_USER9.net
    飼い主にしてみれば、イヌに自分の言葉が通じているのは当たり前であり、科学的な研究など不要だろう(筆者を含むネコの飼い主は、いささか心もとないが)。

    だが、人が発する言葉のうち、イヌたちが何に反応しているのかは、必ずしも明らかではない。

    最新の脳スキャンによれば、飼い主が「いい子だね!」と言葉を掛けるとき、イヌは単語とその言い方の両方を聞いているという。人間の会話では単語とイントネーションのどちらも大切だが、イヌにとっても同様なのかは、これまで分かっていなかった。

    8月29日付で学術誌「サイエンス」に掲載された研究で、イヌの脳も人間と似た方法で情報を処理していることが判明した。

    英ニューカッスル大学の神経心理学者で、この研究には関わっていないクリス・ペトコフ氏は、「この発見にとても興奮しています。人とイヌの脳活動にこれほどの一致が見られるのは非常に面白いことです」と評価する。

    ■イヌと人間の脳はよく似ている

    研究を主導したアッティラ・アンディクス氏は、ハンガリー、ブダペストにあるエトベシュ・ロラーンド大学の動物行動学者で、イヌ好きでもある。哺乳類の脳が言語を処理する方法を解明する一手段として、イヌの研究を始めた。

    だが、第一歩を踏み出すのは容易ではなかった。機能的磁気共鳴画像(fMRI)装置の中で決して動かないよう、イヌたちをしつける必要があったからだ。実験できる水準までドッグトレーナーたちがイヌを訓練するのに、何カ月もかかった。ボーダーコリー6匹、ゴールデンレトリバー4匹、ジャーマンシェパード1匹、チャイニーズクレステッド1匹など、ハンガリー国内のイヌ計13匹が実験に参加した。

    「装置の中で絶対に動かず伏せていなければならないと理解させるのが最も厄介でしたが、『完全に静止していてほしい』というこちらの要望がいったん認識されてからは、非常にスムーズでした」とアンディクス氏は振り返る。

    2014年、アンディクス氏ら研究者は、今回と同じ13匹が人や他のイヌが発するさまざまな声(うなる、ほえる、クンクン鳴く、叫ぶ)を聞いた時に脳がどう反応するかを調べた。その結果、人でもイヌでも、幸福感と恐怖感を表す声に脳の同じような場所が活性化することが分かっていた。

    だが、発話は別の話だ。英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの神経科学者で、この研究には参加していないソフィー・スコット氏は、「自然界で人間の発話ほど複雑なものはありません」と話す。

    ■本気で褒めることが大切

    そこでアンディクス氏ら研究チームは、2年前と同じ13匹のイヌに、それぞれの飼い主が内容や言い方を変えて発した言葉を録音で聞かせた。「褒め言葉(ハンガリー語で「賢いね」「その通り」など)を賞賛の口調で」「中立的な言葉を中立的な口調で」「褒め言葉を中立的な口調で」「中立的な言葉を賞賛の口調で」という4パターンだ。

    その結果、イヌの脳画像は左半球が単語そのものに反応し、右半球がそのときのイントネーションに反応していることを示した。

    だが、イヌの脳にある報酬領域が活発化するには、「褒め言葉を賞賛の口調で」聞く必要があった。言い換えると、飼い主が本当に褒めているのかどうか、イヌは分かっているということだ。

    「イヌの中には、飼い主の言う通りにさせるには褒めるだけで十分という者もいるかもしれません。私たちは今回の実験で、研究チームを喜ばせたい積極的なボランティアのようにイヌたちを扱いました」とアンディクス氏は話す。

    だとすれば、望ましい行動を飼いイヌにさせるための鍵は「本当に優秀だね」と本気で伝えることのようだ。



    http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/083100325/
    【犬は人間の言葉を理解している事が判明wwwww】の続きを読む

    f0108248_6102453

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 9975-RmRy):2016/08/29(月) 07:22:15.35 ID:CAP_USER9.net BE:348439423-PLT(13557)
    大型で非常に強い台風10号は28日、日本の南海上を
    北寄りに進んだ。北上を続けるとみられ、30日にかけて東日本から
    北日本に接近、上陸する恐れがある。気象庁によると、
    東北の太平洋側に直接上陸すれば、1951年の統計開始以来、
    初めてとなる。台風10号の中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の
    最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心の
    南東側150キロ以内と北西側110キロ以内は風速25メートル以上の
    暴風域となっている。台風が接近する地域では29日から激しい雨が
    降るなど荒れた天候になる見込み。進路を西から東へUターンする
    前例のない動きを見せた台風10号。

    なぜ、こんな動きをしたのか?

    *+*+ スポーツ報知 +*+*
    http://www.hochi.co.jp/topics/20160828-OHT1T50254.html
    【【台風やばい】前例のない台風の“Uターン”、なぜ起きた?】の続きを読む

    1:DQN ★:2016/08/26(金) 12:35:12.44 ID:CAP_USER9.net
    米Appleが9月7日にも発表するとみられる次期iPhone(「iPhone 7/7 Plus」と呼ばれる)の日本モデルには、ソニーの非接触ICカード技術「FeliCa」が採用される可能性があると、米Bloombergが8月25日(現地時間)、この件に詳しい筋の話として報じた。
    http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-08-25/apple-said-to-plan-iphone-for-japan-with-tap-to-pay-for-subways



     実現すれば、ICカード乗車券の代わりにiPhoneを改札機にかざすことで交通機関を利用できるようになる。

     FeliCaは「Suica」や「PASMO」など、日本各地の交通機関の50種類以上のICカード乗車券に採用されている。また、「楽天Edy」や「nanaco」、「WAON」などのプリペイド型電子マネーに採用されており、それぞれの電子マネーは「おサイフケータイ」にも対応している。



     情報筋の1人によると、AppleはSuicaとPASMOを含む主要なICカード乗車券業者と提携しようとしているという。FeliCaの情報は、iPhoneのWalletアプリに保存されることになる。

     Appleはまた、電子マネーのある主要業者とも交渉中であるという。

     Appleは2014年に独自のモバイル決済サービス「Apple Pay」を立ち上げたが、日本での提供はまだ始まっていない。

     Bloombergは、日本の決済ネットワーク企業との交渉の状況によっては、FeliCaによる乗車券機能の搭載を2017年モデルに持ち越す可能性もあるとしている。

    ITmedia:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/26/news066.html
    【【Apple】「iPhone 7/7 Plus」(仮)にソニーのFeliCa採用か】の続きを読む

    1:野良ハムスター ★:2016/08/11(木) 08:27:36.26 ID:CAP_USER9.net
    「最近の若者はスマホの普及でパソコンを使えない」「若者のパソコン離れ」などと問題視されることもあるが、それって本当に問題だろうか? 実は彼らは“進化”しているのだ――IT技術者向けトレーニングを担当する著者が、そんな他とはちょっと違う見方からこの問題を考えます。[横山哲也,ITmedia]

    ■新卒が“PCが使えない”のは問題?

    「近頃の若者はパソコンPCが使えない」という。海外に比べて、若者のPC所有率が低いんだそうだ。これを問題視する日本人はけっこう多いらしい。ちょうどこの見方でうまくまとまめられた記事(「PCを使えない学生が急増」の問題点)があった。この記事にあるような「学生のうちにPCが使えるようになるべきだ」という風潮が最近あるように思うが、果たしてそうだろうか? 実はそんな必要はないのではないか、と思うのだ。

    ほとんどの企業は、学生時代に身に付けたスキルに対して即戦力としての期待はしていないだろう。考えてみて欲しい。多くの学生は、他人の電話を取り次いだ経験を持たず、初対面の人に電話したこともない。そこから教えないといけないのだから、PCの使い方を知らなくても大した問題ではない。知っていたからといって新人研修期間が短くなるわけでもなし。

    そもそも「学生はPCの使い方を知らない」と言う大人は、本当に使い方を知っているだろうか。電卓をたたきながらExcelのセルに数字を埋める人、Word文書のレイアウトをスペースと改行で調整する人、PowerPointの「スライドマスター」機能を利用せずにスライドを作る人……。そして、こういう人が「PCを知っている」と自分で思っている場合も少ないないのだから、ひどい話である。そういう大人たちが、“本当の使い方”を教えらることもできないのに、自分たちにできないことを新卒に要求するのは、酷なことではないか。

    ■「使えない」のではなく「使わない」

    若者がPCを使わないのは、PCを使う必要がないし、PCは使いにくいからである。今のPCが本当に使いやすいと思っている人がいたら、その人は自分の感性を疑ったほうがいい。単に文書を見るだけなら、明らかにスマートフォンやタブレットの方が使いやすい。

    特殊なアプリケーションが必要な場合や、複雑な表の操作や、マクロを利用したい場合などはPCが必要になるが、ある程度ビジネス経験を積まないと、PCの便利さに気付くことはないだろう。学生のうちにPCを学習する意味が感じられないのは当然だし、それでは学習意欲も湧かないことだろう。

    ほとんどの世代の社会人は、会社に入ってからPCの操作を習ったはずだし、それで特に問題はなかっただろう。もともとPCは誰でも使えるように設計されているのだから当然である。決して使いやすくはないのは大きな問題だが、ちょっと練習すれば“一応使える”ようにはなっているはずである。たとえOfficeソフトの「スタイル」の概念を理解していないとしても。

    また、電子メールのマナーもよく問題になる。タイトルが付いていないとか、いきなり本文から入るとか、そういう話である。

    これも、“立派な大人”が「教えてください」とか「ありがとうございました」「ご相談」などというタイトルを付けてくるのだから、似たようなものである。むしろ、レスポンスの早い若者の方が優秀ではないか。

    いきなり本題に入るのも、電子メールならそれほど不自然でもないだろう。付き合いの浅い顧客に送るのは考えものだが。そもそもビジネス文書のマナーは新人研修で学ぶものだから、問題ではない。

    もう一度書いておく。学校でPCの操作を覚える必要はない。今の若者は、旧世代の人間よりもはるかに優秀だから、必要ならすぐ習得する。今、PCを知らないのは、必要がないからだ。必要のないことを学習することはできない。

    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1608/10/news023.html

    【若者の「PCが使えない」は、退化ではなく進化である!】の続きを読む

    このページのトップヘ