現ナマ速報!!(ナマ速)

お金になる情報や、FX、株、金融に関する情報や管理人のトレード履歴などをまとめて、一挙公開をしていくサイトです!! 管理人は、株やFXは初心者なので、教えていただけると非常にありがたいです。

    カテゴリ: PC

    • カテゴリ:



    最新バージョンが、3月の18日に更新されましたね。

    前回のアップデートから、15日が経過しました。

    以前当方サイトで、公開したやり方では、広告の削除が行えませんので、新しい手法を教えます。
    【【改造】2ch専ブラ「JaneStyle 3.82」が3月16日に公開されて広告が入るけど、消す方法を教えます。】の続きを読む

    ss.jpg


    あの有名な2ちゃんねるの専ブラが今月の3月3日より、広告がつくようになりましたよね。

    これは、2ちゃんねるの仕様変更によるものです。

    DATからAPIに変更されました。過去バージョンは広告がつきませんが、最新版の、3.8.1には広告が沢山ついてきます。

    それを回避するには、有料の2chプレミアムに加入しないと行けませんが、ある方法を使用すれば、ソフトウェアの改造だけで、無料で広告を消すことが可能になります。

    その方法をお教えしようと思います。管理人も広告でお金を稼いでるので、あまり教えたくないのですが、メモ程度に書いていこうと思います。
    【【改造】2ch専ブラ「JaneStyle」に広告が3月3日から入るようになったけど、消す方法を教えます。】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1:海江田三郎 ★:2015/02/04(水) 13:27:10.26 ???*
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150204/k10015200811000.html
    4人の男性が誤って逮捕されたパソコンの遠隔操作事件の裁判で威力業務妨害などの罪に問われた被告に対し、
    東京地方裁判所は「無関係な第三者の人生に与える影響を顧みない自己中心的な犯行に全く酌むべき点がない」
    として懲役8年の判決を言い渡しました。

    3年前、ウイルスに感染したパソコンが遠隔操作され、無差別殺人の犯行予告などが書き込まれた事件では
    無関係の男性4人が誤って逮捕されました。
    一連の事件でインターネット関連会社の元社員、片山祐輔被告(32)が威力業務妨害などの罪に問われました。
    4日の判決で東京地方裁判所の大野勝則裁判長は「被告は国家権力に対する個人的な恨みから、
    無実の人を誤認逮捕させることで捜査機関を出し抜こうと考えた。無関係な第三者の人生に与える影響を顧みない
    自己中心的な犯行に全く酌むべき点がない。保釈中にも真犯人を名乗る自作自演のメールを送るなど
    サイバー犯罪の中でも悪質だ」と指摘して片山被告に懲役8年を言い渡しました。
    片山被告は主文を聞いても無表情のままで、およそ40分にわたる判決文の朗読をじっと動かずに聞いていました。

    片山被告 犯行告白までのいきさつ
    3年前、インターネットの掲示板にイベントでの無差別殺人や小学校の襲撃などの犯行予告が相次いで書き込まれました。
    さらに「爆弾を機内に持ち込んだ」というメールが航空会社に送られ、日本からニューヨークに向かっていた旅客機が急きょ引き返す事態になりました。
    警察は書き込みやメール送信に使われたパソコンを特定し、その持ち主だった4人の男性を次々に逮捕しました。
    ところが逮捕された4人は全く無関係でした。
    パソコンがウイルスに感染するなどして遠隔操作されていたのです。
    従来の捜査の想定を超える新たなサイバー犯罪に直面した警察は誤認逮捕を認め、謝罪するほかありませんでした。
    こうしたなか、突然、報道機関などにメールが届きます。
    差出人は一連の事件の真犯人を名乗り、「警察・検察のかたへ、あそんでくれてありがとう」などと捜査機関を挑発し、
    事件は一気に劇場型犯罪の様相を呈しました。
    メールには発信元の特定を難しくする特殊なソフトが使われていて、捜査は難航します。
    しかし、警察はおととし1月に送りつけられた4通目のメールをきっかけに犯人特定の糸口をつかみました。
    メールに書かれたクイズを解いていくと神奈川県の江の島にいる猫の写真が現れ、実際にいた猫の首輪には
    遠隔操作ウイルスのプログラムが入った記憶媒体が取りつけられていました。
    そして、その近くに設置されていた防犯カメラの映像に、猫に近づく片山祐輔被告に似た男の姿が映っていました。
    捜査はサイバー空間から現実の世界に舞台が移ったことで大きく進展し、翌月、被告は逮捕されました。
    片山被告は一貫して容疑を否認していました。
    去年2月に始まった裁判で「私も真犯人に遠隔操作された被害者だ」と無罪を主張しました。
    裁判は犯行を裏づける直接的な証拠がないなか、検察側と弁護側が全面的に対立する構図のまま進められ、被告の保釈も認められました。
    そして去年5月、被告が法廷にいる時間帯に報道機関などに再び真犯人を名乗るメールが届きました。
    「片山氏のパソコンにウイルスを感染させた」ことを知らせる内容でした。
    被告は会見を開き、「これをもって裁判を終わらせてほしい」と述べて疑いが晴れたと強調しました。
    しかし、このメールは被告が携帯電話の予約機能を使って自分で送ったものでした。
    この前日、捜査員が東京の荒川の河川敷で携帯電話を埋める被告の姿を確認していたのです。
    掘り出された携帯電話にはメールと同じ文面が残されていました。
    えん罪を決定づけようとした被告は逆に言い逃れができない状況に追い込まれ、一時、行方が分からなくなりました。
    そして「死のうと思ったが死にきれなかった」と言って弁護士の元に出向き、一連の事件はすべて自分の犯行だと告白しました。
    被告は再び身柄を拘束され、その後の裁判でも一転して起訴された内容を全面的に認めました。


    【【PC遠隔操作事件】片山被告に懲役8年の判決「あら、けっこう重いのね。」「これ、警察に恥かかさなかったらもっと軽い罪だったかもね。」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    apple1.jpg

    1:野良ハムスター ★@\(^o^)/ ©\(^o^)/:2015/01/28(水) 09:07:20.92 ???*
    米IT大手アップルが27日発表した2014年10~12月期決算は、
    純利益が前年同期比38%増の180億2400万ドル(約2兆1200億円)と
    四半期として過去最高となった。
    売上高も30%増の745億9900万ドルと過去最高を記録した。

    昨年9月に発売開始した新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6」と
    「6プラス」の売り上げが好調だった。
    地域別の売上高は、香港と台湾を含む中国地域が70%増と貢献した。
    日本は8%増にとどまった。

    製品別の販売台数はアイフォーンが46%増の7446万8000台と急増。
    タブレット端末「iPad(アイパッド)」は18%減の2141万9000台と不振が続いた。
    (共同)

    http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/01/28/kiji/K20150128009707740.html

    【【朗報】iPhone6が好調でアップル復活来る??Apple信者の力パネェ】の続きを読む

    このページのトップヘ